女子部〜33才〜

10年の社畜生活から脱サラ後、専業主婦デビュー

不妊助成金、所得制限で諦める前に確認しておくべきのと

体外受精へのステップアップを検討するにあたり、不妊助成金を調べてみました!

ホームページや知恵袋で調べた私の見解としては、助成金の対象者にならないと思ってましたが市役所などに問い合わせた結果、対象になりそうです♡♡♡♡
‥てか、紛らわしいわこの制度。。
特定不妊治療費の助成金について確認しておくべきをまとめました。
※あくまで、わたしの自治体に電話で問い合わせた結果です

不妊治療の助成金で勘違いしやすいこと、その①]
私の住んでいる地域では初回の治療に限り、30万円となってます。
この、「初回の治療」の定義が落とし穴ひとつめ。
初回の治療=初回申請という意味です!!

治療がたとえ三回目でも、初めて申請するときが、初回の治療にあたるそうです。


不妊治療の助成金で勘違いしやすいこと、その②]

夫婦揃っての年間所得とは、額面ではありません!
いわゆる手取りです!!
源泉徴収の支払金額ではなく、右隣の欄の給与所得控除後の金額が、年間所得。
年収額面で700万であれば大体手取りは500万ちょっとなイメージです。
正式に確認するには所得証明を役所で取り付ける必要があります。手数料300円とのこと。
(←所得証明は6月に塗り変わるため、1月から5月は前々年の所得をみるそうです)

不妊治療の助成金で勘違いしやすいこと、その③]
退職金は、所得にはいるのか?
ネット上で間違った情報もありましたが、答えはNO。(退職所得の計算で、高額な退職金がある場合は入る可能性があります。)
所得証明を発行する部署に問い合わせたところ、「多分入りませんよ〜、情報見てみましょうか?」と、どれくらいの額が所得として記載されてるか口頭で教えていただき、退職金は入ってない金額でした!!これは大きい!!

当初の私がざっと計算して思い浮かべていた所得額より、400万は下回りました!

助成金をもらって体外受精をするなら、早くても2018年の春と思ってましたが、今年から助成金対象になりそうです。
早速、明日区役所へ行って助成金申請書類を受け取って説明を受けてこようと思います♡

今日、2回目の人工授精リセットしましたが、ステップアップの選択肢が広がって少し気が楽です。
ディファストンだと、飲み終わって5日程度でリセットするのに、ルトラールだと8日かかりました。。。
高温期18日目でのリセット。高温期長すぎておかげで陰性反応なのに期待してしまいました、昨日は妊娠した夢見ました。